ビットコインは仮想通貨なのですが、現在は通貨としてより『投機』としての扱いの方が強いのが現状です。

そして多くの投資家や一般の人にまで浸透し、今や日本国内で仮想通貨を持っている人の数は100万人とも言われています。

急速に広がりつつある仮想通貨。

しかし、興味があってもどうやって口座を開設したら良いのか?

どうやってビットコインを購入すれば良いのか?わからない人はまだまだ多いです。

そこで今回はビットコインの口座開設についてや、購入方法や価格についてまとめてみたいと思います。

ビットコインの購入方法

ビットコインの入手方法についてはこちらでも開設していますが、一番簡単にビットコインを入手する方法は取引所や販売所で買うことです。

仮想通貨ビットコインとは?【初心者にわかりやすく簡単に説明します】

取引所と販売所、更には交換所とありますが、どう違うのかわからない人も多いです。

ということなので、ますは取引所・販売所・交換所について解説します。

仮想通貨の販売所とは、ビットコインを販売する場所という意味です。

インターネット上にある販売所では買うことはもちろんですが、手持ちのビットコインを売って『円』に換える事も出来ます。

販売所の特徴

1・誰と売買しているのかが分かります。
2・販売所が提示している価格でビットコイン売買することができます。

取引所と違い参加人数に関係なく取引が出来るのが販売所の強みです。

なぜなら、取引の相手方が販売所ですから。

取引所、交換所の特徴

取引所と交換所は同じ事を意味しています。
そして双方をまとめて『取引所』と呼ぶことが多いです。

この取引所ですが、販売所と違い顧客対顧客の取引になります。

『この量をこの価格で買いたい、または売りたい』という顧客間同士の条件によって、
取引が成立したり不成立になったりします。

なので、確実にビットコインを入手したいというのであれば、販売所を利用するのが一番だと思います。

希望する数量や希望する価格で取引できるので、確実にGETしたい場合は販売所を利用しましょう。

ただし、販売所の場合は会社自体がビットコインを保有して販売しているため、時価での売買ではなく、販売所が決めた価格での売買になります。

なので、相場を見て購入しようと思ったのに、それ以上の価格になっていた・・・・・・
なんて事もありますので、初心者の場合は取引所を利用するのが良いですね。

ビットコインの口座開設はビットフライヤーがオススメ

ビットコインを購入するのは口座を作る必要があります。

現在日本でビットコインを扱える取引所は14社以上あります。

取引所一覧

  • bitFlyer
  • coincheck
  • Zaif
  • bitbank
  • BITPOINT
  • SBIバーチ
  • BTCBOX
  • GMOコイン
  • QUOINEX
  • Kraken
  • みんなの
  • FISCO
  • BitTrade
  • FIREX
  • Lemuria
  • BMEX
  • Bitgate
  • Xtheta
  • Money365
  • 東京ビットコイン取引所
  • ARG公式サイト

 

そこでオススメしているのが日本で最大級の取引所であるビットフライヤーです。たくさんありますよね。

これだけあると、一体どこの取引所を利用すれば良いのかわからなくなると思います。

下記の24時間の取引を見て頂ければ分かる通りビットフライヤーが75%を占めています。

現在では国内最大になったCoincheckもありますが、取引量でいくとビットフライヤーに軍配が上がります。
情報参考元:Bitcoin Exchanges Volume Ranking – Coinhills

 

なぜ、ここまでビットフライヤーがシェアを獲得出来ているのかというと、3メガバンクが「株主」仮想通貨取引所に出資しているからなんですよね。
http://virtualmoney.jp/I0000939

 

日本最大手のメガバンク3社が出資するということが、市場の拡大を後押ししているわけです。

それに最近ではJコインという日本独自の仮想通貨もでき、みずほフィナンシャルグループが、地方銀行などを集めて2020年までに発行すると発表しました。

それだけ大手も仮想通貨事業に将来性があると考えているわけですね。

他には暗号通貨でも必ず現れるであろうハッキングによる盗難のリスクがあります。

2014年2月28日に大手取引所だったマウントゴックス社がハッキングにより、744,408ビットコインを損失し破産しました。

この様にデジタルの世界ではハッキングによる被害は必ずあります。

そこでこの対策として、三井住友海上保険がビットフライヤーで、日本で初の仮想通貨盗難保険をリリースされました。

これが取引量を多くしている事にも繋がっています。

更には、ビットフライヤー口座にアカウントを持つ場合、ビットフライヤー経由で商品やサービスを買うと、無料でビットコインをもらえるサービスがあります。

なので、ビットコインの口座を作るならビットフライヤーがオススメなわけです。

ということで、ビットフライヤーで口座を作る方法をお伝えいたします。

ビットフライヤー(bitFlyer)口座の作り方

ビットフライヤーへの登録はメールアドレスがあれば無料で簡単に作れますが、しっかりと取引するには、本人確認書類の提出が必要になりますので、正しい情報を入力するようにしてください。
↓ ↓ ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量国内最大のビッグフライヤーはこちら

まずは上記のリンクから無料登録しましょう。

 

リンクをクリックすると下記の画面になるので、メールアドレスを入力後、アカウント作成をクリックしてください。

そうすると、登録したメールアドレスに下記のメールが届きますので、リンクをクリックしてください。

 

リンクをクリックした先では下記のような画面になりますので、チェックボックスにチェックを入れてbitFlyerを始めるをクリックします。

 

次に、本人確認の入力項目が出ますので
個人情報を入力していきます。

 

この本人確認が出来ませんと『ウォレットクラス』から『トレードクラス』に、アカウントクラスをアップグレード出来ません。

ウォレットクラスとトレードクラスではアカウントクラスに応じて、利用出来るサービスや週ごとの利用合計金額の上限が異なります。

上記の画像を見て頂くとわかりますが、『ウォレットクラス』だと10万円までしか取引が出来ませんので、必ず本人確認の項目に必要事項を入力し、『トレードクラス』にしておきましょう。

確認処理には数時間程度かかると思いますが、以外に早い対応をしてくれるので、ストレス無くアップグレードが可能になります。

ビットフライヤーの登録は無料でできますし、ビットコインを入手するだけなら日本円をビットコインへ両替するだけで特に損をするわけではありません。

登録だけでも済んでいないと、買い時のタイミングが来た時にスムーズに取引が出来ず、大きな利益を逃すことも考えられます。

ですので、時間が有る今の内に登録だけでも済ませておきましょう。

↓ ↓ ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインの価格の調べ方

ビットコインの価格は常に変動しています。

ビットフライヤーのホームページでも見ることが出来ますし、コインチェックの取引所でもリアルタイムで確認することが出来ます。

ただ、こちらは数字でしか見ることができません。

仮想通貨の価格変動はチャートで確認するのもとても重要です。

チャートの見方に関しては、こちらで確認してください。

ビットコインのリアルタイムグラフチャートの見方はどうすればいいの?【初心者ガイド】

こちらでは『ローソク足』の意味や『移動平均線』についても解説しています。

ただ、取引所間の価格差を調べる時は、複数のサイトを行き来しなくてはいけなくて、とっても不便です。

そんな時は外部のサービスを利用して確認した方が効率が良いです。

PC上を利用している時は『Cryptowatch』というサイトが非常に便利で、ローソク足やチャートを使って簡単にビットコインの価格差を調べることが出来ます。

更には、ビットコイン以外の仮想通貨も確認できます。

Ethereum(イーサリアム)DAO(ダオ)、DASH(ダッシュ)、BTS(ビーティーエス)、Litecoin(ライトコイン)
Namecoin(ネームコイン)、Peercoin(ピアーコイン)これらの仮想通貨の価格も確認できます。

もし、移動時に仮想通貨の価格を調べたい時には、Bitcoin Tickerというアプリがおすすめです。

このBitcoin Tickerはラインチャートを使って価格を確認することが出来ます。

まとめ

今後仮想通貨は決済システムとしても有効利用される傾向にあります。

現在は『投資』になっている仮想通貨ですが、需要が安定してくれば、世界中で使われるデジタル通貨になります。

2020には東京オリンピックがあります。多くの外国人が日本に訪れることは必至です。

両替する必要が無いビットコインを利用する事は十分予測されます。

その時に、更にビットコインの価値も上がっているかもしれません。

人は一度便利なものを手に入れるとそれを手放すことはなかなか出来ません。

つまり、世界中の人が仮想通貨を利用するということが今後も予測されるわけです。

今ではフリマアプリで最もメジャーな『メルカリ』が2018年内に仮想通貨での決済を導入すると発表がありました。

金融庁に仮想通貨交換業の登録を申請し、「ビットコイン」など主な仮想通貨で支払えるようにするとの事なんですよね。

更に、ここで全世界で圧倒的シェアを誇る通販サイト『Amazonの』がビットコイン決済を導入すれば、今現在、仮想通貨をよく知らない人でも確実に知る時がやってきます。

認知されればされるほど、価値が高騰する可能性は十分あります。

今のうちに少しずつ仮想通貨を保有しておけば、数年後には大きな利益を生む資産になっているかもしれませんね。

おすすめの記事