LINEの誤爆良くありますよね。
特にグループLINEがいくつもあると、投稿しようと思ったグループじゃなく、別のグループに投稿してしまい、恥ずかしい目にあったりしたことがあるはず。

LINEの場合は一度投稿してしまうと、取り消しが出来ないので、投稿する内容次第では、大変な事になってしまう場合もあります。

この誤爆とも言える誤送信をどうにかしたい!と思っていたLINEユーザーは非常に多くいます。

そんな中、2017年12月13日に遂に、誤爆を回避出来る新機能「送信取り消し機能」が実装されました。

ということで、送信取り消しの使い方や相手の画面に、どう表示されるのかについて解説していきます。

LINE送信取り消しで対応出来るのは何?

12月13日にLINE公式ブログにて「送信取り消し機能」がリリースされた事が発表されました。

送信取り消しに関してはメッセージ以外にも下記の項目が取り消し可能になります。

対象範囲
・メッセージ
・スタンプ
・画像
・動画
・ボイスメッセージ
・LINE MUSIC
・URL
・連絡先
・位置情報
・ファイル
・通話履歴(着信履歴は対応していません)
現時点では、LINE公式ブログで公開された情報としてはこれだけですね。
実際に、LINE送信取り消し機能を使ってみました。
相手にどう表示されているのかも検証したいと思います。

スポンサーリンク



LINE誤送信取り消し機能の使い方

消したいメッセージや画像などの箇所で長押しすると、上記のような選択肢が出ます。

一番右に送信取り消しが出ますので、それをクリックすると、送信取り消し画面が出ます。

確認画面が出ますので、「送信取消」を押せば、メッセージは取り消し出来ます。

これで、誤爆回避できたー!と思うじゃないですか?

ですが、これには欠陥があったのです。

送信取消しても相手に取消メッセージが出る!!

送信取り消し出来るようになって、誤爆回避出来るようになって良かった~!って思うじゃないですか?

でも、これ本当の意味で誤爆回避は出来ていません。

どういう事かというと、送信取消すると相手に送信取消した事がバレてしまうのです。

実際に送信取消をしてみた結果、相手の画面でどう見えているのか検証してみました。

「メッセージの送信を取り消しました」と表示されていますね。(笑)

これじゃあ誤爆したメッセージをこっそり取り消し出来ていないわけです。

欠陥と言ってもいいですか?ってレベルです。

なぜ、取り消しメッセージを表示されるようにしたのか、わかりませんが、これでは何を取り消したの?って逆に勘ぐられてしまいます。

これなら逆に「間違えました!」ってメッセージを残した方が良い気がします。

LINEさん、この取り消しメッセージも無くす方向で修正して頂けると本当に助かりますので、
よろしくお願いします(笑)

送信取り消し機能が有効なのは24時間以内

送信取り消しメッセージが表示されることで、利便性が半減したかな~と思いますが、使い方次第では十分使えるのかもしれません。

ただ1点気をつけて頂きたいのが、送信したメッセージや画像等は、24時間以内に送信したメッセージに限るということです。

なので、「あ!ヤバイメッセージ送っちゃった」と思ったら、24時間以内に送信取り消しをする必要があるということです。

24時間を超えたら取り消し出来ませんので気をつけてくださいね。

Chrome版の注意点

※Chrome版では、相手が取消したメッセージは反映されますが、
送信したメッセージそのものを取消すことはできません。

取消したいメッセージがある場合は、その他の端末をご利用ください。

引用:http://official-blog.line.me/

まとめ

LINEの誤爆が取り消し出来ると喜んだのもつかの間。

まさか送信取り消しメッセージが表示されるとは思っていませんでした。

この表示消すように修正してもらいたいのもです。

LINEは他のSNSには無いスピード感があり、スタンプなどを利用することで、グループなどを作って投稿しても、和やかな雰囲気で使用できるので、とっても便利です。

今後改善に期待しましょう。

おすすめの記事