12月28日(木)に放送されるTBSの年末特番「人生逆転バトル カイジ」という番組ですが、
この番組、賭博黙示録カイジをリアルガチで、番組でやってしまおうというトンデモナイ企画なのです。

筆者もこの告知を見た時に、マジでやるのか?出演する人はいるのか?と思いましたが、やはり人はお金の為なら人は動くようで、強者揃いの出演者がたくさんいます。

その前に、賭博黙示録カイジを知らないと、この番組の凄さがわからないと思いますので、
賭博黙示録カイジについてと、「人生逆転バトル カイジ」の出演者や企画内容についてまとめてみたいと思います。

賭博黙示録カイジとは?

ジャンル ギャンブル漫画・青年漫画
漫画:賭博黙示録カイジ
作者 福本伸行
出版社 講談社
掲載誌 週刊ヤングマガジン
レーベル ヤンマガKC
発表号 1996年11号 – 1999年36号
巻数 全13巻
話数 全158話
漫画:賭博破戒録カイジ
作者 福本伸行
出版社 講談社
掲載誌 週刊ヤングマガジン
レーベル ヤンマガKC
発表号 2000年22号 – 2004年9号
巻数 全13巻
話数 全134話
漫画:賭博堕天録カイジ
作者 福本伸行
出版社 講談社
掲載誌 週刊ヤングマガジン
レーベル 同上
発表号 2004年28号 – 2008年8号
巻数 全13巻
話数 全131話
漫画:賭博堕天録カイジ 和也編
作者 福本伸行
出版社 講談社
掲載誌 週刊ヤングマガジン
レーベル 同上
発表号 2009年27号 – 2012年11号
発表期間 2009年6月1日 – 2012年2月13日
巻数 全10巻
話数 全97話
漫画:賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編
作者 福本伸行
出版社 講談社
掲載誌 週刊ヤングマガジン
レーベル 同上
発表号 2013年22・23合併 – 2017年41号
発表期間 2013年4月27日 – 2017年9月11日
巻数 既刊15巻 (2017年11月現在)
話数 全160話
漫画:賭博堕天録カイジ 24億脱出編
作者 福本伸行
出版社 講談社
掲載誌 週刊ヤングマガジン
発表号 2017年42号 –
発表期間 2017年9月16日

引用:Wikipedia

賭博黙示録カイジ』は、福本伸行先生が手がける人気漫画です。

1996年から週刊ヤングマガジンで連載されました。

その後、続編として、『賭博破戒録カイジ』や『賭博堕天録カイジ 和也編』、『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編』などが、週刊ヤングマガジンで連載されました。

そして2017年からは、『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』を3勤1休で連載しています。

3勤1休とは、3日働いて1日休むという事なので、3週間連載したら、1週休むといった感じになります。

カイジの人気は幅広く様々な場所や映像になっています。

映画やゲーム・遊技機などになっているくらい人気漫画なのです。

内容をザックリお伝えすると、
自堕落な日々を過ごしていた主人公“伊藤開司”が、友人の保証人となって多額の負債を抱えたことをきっかけに、様々なギャンブルに挑んでいく青年漫画です。

命を賭けた極限勝負の中で戦略や思考を、そしてカイジの生き様などが描かれていて、福本伸行先生特有の独特の絵のタッチと『ざわ・・・ざわ』の擬音の表現が味を出しています。

このカイジシリーズは福本伸行先生の最大のヒット作になりました。

カイジ実写版では、俳優・藤原竜也さんがカイジ役で主演し映画も大ヒットしました。

スポンサーリンク



「人生逆転バトル カイジ」とは?

現在、話題になっている『人生逆転バトル カイジ』ですが、漫画のカイジをモデルにしているかのように、リアルで人生の岐路に立たされている出演者を選び、賞金総額200万円を手に入れるため、人生逆転を賭けた決死のゲームに挑むという、これまでにないゲームバラエティ番組だということです。

人生を賭けた決死のゲームが、バラエティ番組というのも何か変な感じがしますが、漫画のカイジを真似するならば、こういうゲームが用意される可能性は高いです。

借金総額を記入する項目がある番組って何?

TBSが年末に放送するバラエティ番組「人生逆転バトル カイジ」この番組に出演したい人向けの応募フォームというのがあります。

その応募フォームの中に借金総額【必須】があるのです。

借金額[必須]
なぜお金が欲しいのか、理由をお書きください。[必須]

この2つが応募フォームの項目にあったようです。

こういう記載が本当にあることが普通に怖いです(笑)

今回の応募に関して12名が番組に出演することが決定しています。

借金総額を見ると、本当にヤバそうな人も多々います。
中には借金総額8億円なんて人もいます。


出典:http://www.tbs.co.jp/kaiji2017/

他にも、「このままでは冬が越せない」というホームレス(借金50万円)、収入がないのにギャンブルに手を出してしまったニート(借金235万円)など、出演する12名全てが借金持ちです。

なので、是が非でも賞金200万円と、ゲーム内で獲得した金額を手に入れたい人達でしょう。

その中でも、予告動画に出演している、ノンフィクション系地下2階アイドルの大村忠明さん(キララ)さんが、言葉では表せない、ガチでヤバイ人だった事が発覚しています。

こちらの動画で確認してみてください。
思わず、『この人ヤバイわ』と言ってしまうかもです。

命を賭けて勝負に挑むのか?

漫画のカイジでは、命を賭けてのやり取りと、戦略・勝つための思考などが描かれていて、
かなり面白く仕上がっているのが特徴ですが、年末に開催されるこの「人生逆転バトル カイジ」では、怪我などが発生するような、本気でヤバイ企画なのかチェックしてみました。

上記の画像を見て頂くとわかるのですが、原作と違ってリスクゼロで、勝負に負けても追加の負債を背負ったり、身体にダメージを受けたりすることが無いようですね。

まあ、番組なので当たり前といえば当たり前ですね。

しかし、リアルで借金総額が1000万円の人、8億円の人など、一般人でそこまで借金したら、返済不能になってしまうくらいヤバイ人達がエントリーしています。

原作者もクズ認定する人とは?

今回の年末番組に出演する12名の中に、
福本伸行先生がクズ認定する人が参加しています。


出典:http://www.tbs.co.jp

鳴かず飛ばずで芸能生活も15年。
カイジのモノマネ芸人で、福本伸行先生がクズ認定している人物です。

正規の借金が200万円あり、見えない借金が500万円ほどあるようで、携帯ストップ・水道ストップ・家賃滞納アパート強制退去も待ったなしの状態です。

これが最後のビッグチャンスだと思っての参加ということです。

しかし、漫画家公認のクズって何だろう?と思ってしまいますよね。

ここまでの状況になったら、何としても賞金を持って帰りたいと思っているので、今後の動きに注目ですね。

まとめ

年末といえば、色々な特別番組をやると思いますが、この「人生逆転バトル カイジ」は再現性が高そうな感じがします。

バラエティ番組ということですが、笑いを取る方向性なのか、本気でゲームをやる番組なのか非常に気になりますので、番組を確認しましたら、再度追記していきます。

おすすめの記事