ソニンという女優を知っているでしょうか? かつてはEE JUMPというグループのメンバーでしたが、元相方の後藤真希の弟の事件があったことで、グループは解散。

その後のソニンの活動は「迷走している」という評価が下されていました。

ソニン プロフィール

本名 ソン・ソニム(成膳任 성선임
生年月日 1983年3月10日(34歳)
出身地 日本の旗日本高知県
国籍 大韓民国の旗韓国
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台・テレビドラマ・映画
活動期間 2003年 –
事務所 ハーモニープロモーション( – 2009年) NASAエンターテインメント(2009年 – 2012年) No.9(2012年 – )
公式サイト 公式プロフィール

引用:Wikipedia

スポンサーリンク



ソニンの過去が地獄だった件

ソニンさんといえば、EE JUMPで一躍脚光を浴び、TVでよく見るグループでした。

元相方の後藤真希さんの弟さんとコンビということで話題になりました。

EE JUMPの事を知っている人なら上記の画像を見てあれ?と思うかもしれません。

実はEE JUMPはデビューする時に3人でのスタートを切る予定でした。

モーニング娘。のオーディションに落選したソニンとモーニング娘。の人気メンバーだった後藤真希の弟、ユウキ、そして、ハーフのケン。

この3名でデビューする予定だったのですが、デビュー前にハーフのケンが留学を理由に脱退してしまいました。

なので、デビューの時に2人組と思ってしまう人が多かったんですね。

初っ端から波乱含みのEE JUMPでしたが、この流れはこの後の解散へと続いて行くわけです。

EE JUMPのプロデューサーだったつんく♂さんが作曲し、代表曲にもなった、「おっとっと夏だぜ!」でオリコンチャート5位になった曲です。

その後、人気者の宿命である過密スケジュールのせいもあって、マネージャーとの口論、暴行、脱走などを起こして、 遂には謹慎処分という形になりました。

ここからソニンさんの転落人生が始まったと言っても過言ではありません。

一度は復帰したユウキさんでしたが、その後またもや事件を起こします。 15歳という年齢なのに、「キャバクラ飲酒事件」が発覚します。 この事件により、ユウキさんはEE JUMPを脱退。

ここからソニンさん1人での活動となっていきます。

地獄だった過去については、しくじり先生でソニンさん本人が告白していますが、 TVで放送しても大丈夫なのか?と心配されるほど過酷なものだったようです。

あり得ない仕事のオンパレード

一人になってからのソニンさんは、通常ではあり得ないと思うほどの仕事をしていました。

出身地の高知県から先祖の出身地である韓国まで560kmの距離をマラソンする企画だったり、 6万個ほどのドミノをひとりで並べるというちょっと考えられない企画を淡々とこなしてきたようです。

その結果、精神的に不安定になり、マラソンではファンの声援が怖くなり耳を塞いでしまったり、 ドミノではうっかり倒してしまって恐怖のあまり寒気で体が震える症状まで出る始末。

こんな過酷な仕事を映像で公開していました。

それを見たスタジオのメンバーは絶句していました。

流石にちょっと笑えないですよね。更に、1ヶ月で10キロ痩せをしたり、裸にエプロンなんて事もやっていました。

こんな過去があったソニンさん、やさぐれず必死に仕事に取り組んで来たのですね。

現在のソニンは舞台女優

一時は、ソニンさんは消えた!?と言われていましたが、大女優の大竹しのぶさんとの出会いがソニンさんを変えました。

大竹しのぶさんにミュージカルの世界を教えて頂き、そこから女優への道を歩むことを決意し、ニューヨーク留学をしたようです。

そこから舞台女優として今も現役で活躍されています。

ソニンさんの頑張りに関しては、ネット上でもたくさん感想が述べられています。

古田新太さんの見どころがヤバイ

東京・Zeppブルーシアター六本木で、 初日を迎えた主演ミュージカル「ロッキー・ホラー・ショー」に出演中のソニンさんですが、 共演者の古田新太さんが、舞台の見どころは?と聞かれた際に、こんな事を口走っていました。

流石に、舞台の見どころは?と聞かれてソニンさんの胸ですねって、 会見場の雰囲気はどうだったんでしょうか? 凍りついていなければ良いですね(笑)

結婚しているって噂がある件

ソニンさんですが、どうやら結婚しているのでは?という噂があります。

ただ、調べた結果、現在も結婚はしていないようです。

自身のInstagramに子供と一緒に映っている写真をアップしたことで、 いつの間に子供がいたの?と多くの人が気になっていたようですが、子供は舞台で共演していた子役・大河原爽介くんのようです。

舞台にかける情熱は凄いようで、大竹しのぶさんと共演したいという思いが届いたようで、 出演をつかんだ『スウィーニー・トッド』で共演出来たようです。

『ミス・サイゴン』と『スウィーニー・トッド』がソニンさんの人生の転機のようですね。

この2つの舞台がソニンを変える。「『スウィーニー・トッド』で、初めて役として生きるという感覚を体験したんです。役が抜けずにふるえちゃって、役を生きるってこういうことなんだ!って楽屋で泣いたのを覚えています。そして『ミス・サイゴン』でのキムが自害するラストシーンで、『あー、わたし、このまま死んでもいい』と思った時、死という究極のシチュエーションで、自分の居場所を見つけた気がしたんです。目標をもって、夢を持って上京したはずなのに、現実がなかなか結びつかなくてずっとモヤモヤしていた自分の、現実と思いがパッと一致した。舞台の世界に来てよかったと」 引用:ソニン「自分の居場所を見つけた」 舞台女優として生きる今

まとめ

波乱万丈な人生を歩んで来た、ソニンさんですが、 地道にコツコツここまで頑張って来たことで、舞台女優として大きく羽ばたく事が出来たのかな?と思います。

元相方とは雲泥の差になりましたね。

努力は報われるじゃないですが、頑張った人には明るい未来が待っているのかもしれません。

おすすめの記事