2017年に入ってから急速に聞くようになった「仮想通貨」という言葉。 すでにメディアで大きく取り上げられているので、ご存知の方もいるでしょう。

その仮想通貨の中でも一番有名なのが「ビットコイン」です。

1晩で数十万円、数百万円と稼いでしまう人がドンドン出てきているので、ニュースでも報道されているので注目している人も多いです。

ですが、どうやってビットコインを購入したら良いのか? そもそもビットコインって何のためにあるの?と思っている人も実は多いです。

名前だけが先走ってしまい、結局の所「ビットコイン」って何なの?という人の為に、今回はビットコインって一体何なのか?についてや、仕組みについて解説します。

仮想通貨ビットコインって一体何?

ビットコインという言葉、最近では良く聞くようになりましたよね。

みんながビットコイン!ビットコイン!というようになったのは、仮想の通貨の価値が高騰しているからなんですが、そもそも仮想の通貨って何?という話になりますよね。

仮想通貨。実はこれ正式な名称ではありません。

正式な名称は「暗号通貨」と呼ばれています。

ただ、インターネット上の通貨、所謂「仮想の通貨⇒仮想通貨」という言葉が浸透するようになりました。

コンビニで使える「nanaco」や電車で使える「Suica」ってあると思いますが、あれの仕組みはカードにお金をチャージして利用します。

あれも「仮想の通貨」と同じようなものです。

カードにお金をチャージしたら後は「ピ!」とするだけで物が買えます。

それと同じようにビットコインを入手したら、ビットコインが使える場所やお店であれば「ピ!」とするだけで物が買えてしまう。

簡単に言うと、そんな仕組みがビットコインです。

TVでおなじみの池上彰さんがビットコインについてわかりやすくお伝えしています。

『週刊こどもニュース』という番組をやっていたのですが、実にわかりやすい解説をすることで有名です。

文章だけでは難しく感じるビットコインについて、こちらでも学んでみてください。

電子マネーと同じじゃないの?

ビットコインって電子マネーと同じじゃないの?と思うかもしれませんが、全くの別物です。 「Suica」や「nanaco」は日本の通貨「円」をポイントという形に変化させ、そのポイントを運営する団体で管理しています。

「nanaco」であれば株式会社セブン・カードサービスが発行し、セブン-イレブンをはじめとした加盟店で利用できる仕組みの電子マネーです。

「Suica」であれば、日本全国の鉄道を・管理・運営しているJRが発行しています。

これらは日本で利用できる電子マネーなので、海外で使用することは出来ません。

しかし、仮想通貨・暗号通貨と呼ばれるものは利用可能な場所があれば世界中で使用することが可能です。

そして、驚きなのがその暗号通貨・仮想通貨を運営している団体は存在しません。

へ?じゃあ誰が管理しているのか?というと、ビットコインはインターネットを使って利用しているみんなで管理して、価値を保証しているのです。

不思議な仕組みですよね。 筆者もこの仕組を知った時「これで成立するのか?」と思ったほどです。

スポンサーリンク

ビットコインの仕組みについて

代金の決済に利用されるのが「ビットコイン」なのですが、発行枚数には制限があります。

ビットコインの発行枚数の総量は2100万枚とプログラムで決められており、2140年頃には発行枚数の上限に達すると予測されています。

発行枚数が設定されているビットコインは希少価値がドンドン高くなっていくと思われます。

円やドルだと中央銀行が調整して発行枚数をドンドン増やしたりしますが、ビットコインはそれが出来ません。

なので、希少価値がドンドン高くなっていくと考えられているんですね。

そこで気になるのがどうやって、ビットコインを入手するのかというと、新規発行分のビットコインを入手するか、取引所で円やドルなどの法定通貨を交換することで入手することが可能です。

ビットコインの仕組みの中に、 『マイニング(採掘)』と『ブロックチェーン』という2つの仕組みがあります。 この2つは重要な役割を果たしているので、その2つの仕組みについて解説します。

マイニング(採掘)について

ビットコインを手に入れるには「マイニング」と呼ばれる方法があります。

マイニングとは、二重払いや不正を防ぐため、過去の取引履歴のデータの整合性を取りながら、取引の承認や確認作業を行うことを言います。

ビットコインは10分に1回取引の承認を行っており、その取引が正しいものであるか承認してくれた人に、ビットコインをプレゼントしています。

ただ、このマイニングですが、誰でも簡単に出来るわけではなく、計算量の大きな問題を解く必要があり、その問題を解くためにコンピュータを使って計算処理します。

世界で一番早く難解な計算式を解いた人にプレゼントされる仕組みですので、現在では最新のPCを何十台と使用して演算処理をしているため、個人レベルではほぼ不可能だと思います。

ただ、専門的な知識がなくても資金を出すだけでマイニングに参加できる「クラウドマイニング」という方法もあります。

マイニング機器を持たない個人でも簡単に参加できるのが大きなメリットです。

ブロックチェーンについて

ブロックチェーンって何かというと、『インターネット上の台帳』の事をいいます。

仕組みは細かくいうと難しいのでわかりやすく簡単にいうと、この台帳をみんなで監視し取引が正規のものかチェックします。

チェックして正規のものだけが台帳に書き込まれます。

この監視やるの大変ではないか?と思われるかもしれませんが、正規であるとチェックできた参加者に対し、お礼の報酬が支払われます。

なので、みんなで監視し合うという事が可能なわけです。

ボランティアで誰もやりませんよね。

そうやって、最初から最後まで正しい取引の記録だけ残るようになっています。

取り敢えずこれくらい覚えておいて頂ければ大丈夫かなと思います。

本来はもっと濃いのですが、これ以上濃くすると小難しい話になってしまいますので。

ビットコインは簡単に儲かる投資話か?

ビットコインで億を稼いだ!なん景気の良い話も聞こえてきますが、本当に簡単に儲かるのかというと・・・・・・・そんなに簡単ではありません。

仮想通貨・暗号通貨は乱高下が激しく1晩で数十万円など簡単に動いてしまいます。

株やFXと同じような感じですね。

通貨と言われていますが、現実問題、今は『投機』として利用されているのが現状です。

投機とは短期的な価格変動の目論見から、利ざやを得ようとする行為。 もともとは禅の仏教用語であり、師弟の心機が投合することを言う。 投機を表す英語: Speculationには、思索・推測の意味が含まれている。 マネーゲーム (money game) の一種とも言われ、ギャンブルに含まれる場合がある。引用:Wikipedia

マイニングについても現時点で参加するのはかなり厳しいかと思います。

マイニングは上記でお伝えしていますが『報酬が貰える』のですが、その為には稼げるレベルのマイニング専用機を購入するのに数百万以上のお金がかかりますし、クラウドマイニングに関しても詐欺が結構多いので注意が必要です。

参考記事 消えるクラウドマイニング業者

まとめ

今流行のビットコイン。

波に乗り遅れるな!と様々な暗号通貨に手を出したり、今からビットコインに大量に資金を投入したりするのは、リスクがあるかと思います。

仮想の通貨というシステムに過ぎませんが、現在は「投機」という位置付けに近いです。

投資にはリスクは付き物で、「単純に儲かりそうだからやってみる」という安易な気持ちで大金をつぎ込むのは早計だと思います。

ただ、ビットコインのシステム自体は世の中に流通していくのかもしれません。

日本のように法定通貨が絶対的な信用である国では「投機」という位置付けになりますが、国際状況があまり良くない国では「仮想通貨」は画期的なシステムだと感じている人も多いからです。

バブルになっている現在の仮想通貨事情に踊らされると痛い目に会うかもしれませんので、投資する際には、しっかり勉強してから参加してみると良いかと思います。

仮想通貨といえば一時期は通常ではあり得ないくらいの価格高騰をし、
投資をしていた人の中には『億』を稼ぐ人も続出したデジタルマネーです。

 

 

仮想通貨は危険!怪しい!などと言われるケースも多々ありますが、
それは正しい知識を知らないからです。

 

 

あなたはまさかインターネットが一般家庭で利用される時代が来るなんて
20年前に想像していましたでしょうか?

 

 

携帯電話が進化し、スマートフォンと変貌を遂げ、電話機能のみならず、
動画再生やネット接続が当たり前のツールになりましたが、まさかこんな便利な物が15年前に誕生すると思っていましたでしょうか?

 

 

こういう次世代のツールが誕生した時というのは、知らない物が誕生したということで、
人は疑問や不安を抱き、『怪しい』と勝手に認識してしまいます。

 

 

ですが、今では当たり前のツールとして普通に多くの人が利用しています。

 

 

つまり、
仮想通貨も今は『怪しい』と感じている人がまだまだたくさんいますが、
多くの人が便利と認識をし、利用することで、当たり前の通貨に変わります。

 

 

その詳しい情報を無料で提供してくれるWebセミナーがあります。

 

 

無料で仮想通貨に関して勉強することができ、しかも1万円or仮想通貨リップル1万円分プレゼントキャンペーンも実施しています。

 

 

すでに、1万人以上の人が参加している無料Webセミナーです。

 

 

ちなみに、あなは上司の理不尽極まりない命令で強烈なストレスを感じていませんか?

 

 

満員電車に揺られ、痴漢と疑われないように、両手を上げ、
隣のおっさんの吐息を真横で感じながら1時間も満員電車に揺られて通勤しているのが当たり前だと思っていますか?

 

 

人はちょっとしたことで、自分でお金を稼ぐことができる時代になりました。

 

 

つまり、あなたもインターネットの力を利用すれば『自由な起業家』になれるということです。

 

 

その起業家としてのセンスを無料でこのWebセミナーで受けることができるので、
まずは、あなたに起業家としてのセンスがあるのか試してみてください。

 

 

自分の可能性を捨てて、会社の為に身を焦がして働くスタイルから脱却ができるかもしれません。
そのための知識を得て、またバブルが来るその日の為に仮想通貨リップル1万円を貰っておきましょう。

↓  ↓  ↓

おすすめの記事