チャットモンチーが解散!!理由は不仲説が噂されているから?ラストアルバムの謎に迫る




女性2人組ロックバンド「チャットモンチー」が11月24日にオフィシャルのホームページにて解散することを発表しました。
解散時期は2018年7月ですが、なぜ7月なのかそこも非常に気になる所です。
「完結」という言葉を記した事で、本当に解散になるのだと改めて認識しましたが、ちょっとショックですね。

3人組メンバーから2組メンバーに変化しながら、2005年のCDデビューから13年間ロックバンドを続けてきた彼女達に一体何があったのでしょうか?
解散の理由についてや、解散時期がなぜ2018年の7月なのか非常に気になります。
今後、チャットモンチーのメンバーはどうなっていくのかについてもまとめてみたいと思います。

チャットモンチー2018年7月をもって解散

チャットモンチーのオフィスホームページで発表されていますが、
2018年7月をもってチャットモンチーは解散という道を選択したようです。

女性ロックバンドは短命なイメージがありますが、
13年間もの間続けてきた彼女達に「解散」の2文字を考えさせた理由は果たして何だったのでしょうか?

公式ホームページでは、11月22日にラストアルバムの告知があり、
「ラストアルバム?!」と多くのファンが驚いていたようです。

このラストアルバムというタイトルですが、正式に告知された時点で、多くの人が解散をイメージしたと思います。
結果的に解散という形で発表になりましたが、もしかしたら、ファンの中にはこの解散を何となく予感していた人もいるのではないでしょうか?

それは何故かというと、チャットモンチ―のデビュー記念日の11月23日に、
突如公式サイトにて「LAST ALBUM RELEASE IN 2018」と謎の告知をし、来年発売するアルバムが最後であることをそれとなく教えてくれていたからです。

こういうのって人は何となく分かっちゃったりするものなんですよね。
なので、「LAST ALBUM RELEASE IN 2018」の発表があった時に、解散するのかも?と思った人も多いはずなんです。

結果的に解散することになりましたが、この解散理由について気になる点があります。
そう、二人の仲が悪くなったから解散なのではないのか?という意見もあるからなんですよね。

スポンサーリンク



入れ替わりが激しかったチャットモンチーは解散の危機の連続だった?!

現在、チャットモンチーは2組ロックバンドとして、2018年7月まで活動することが決まっていますが、
結成当時は、3人組女性ロックバンドとしてデビューしました。


出典:http://dokujyoch.net/archives/73760873.html

2011年9月29日でチャットモンチーを脱退したドラムの高橋久美子さん。
当時3人組で音楽活動をしていた時の楽曲が好きだったというファンが非常に多いのが印象的です。

メンバーが2人組になってから音楽を聴かなくなったというファンも多いですね。
今回、なぜ解散という形を取ったのか筆者は非常に気になります。

なぜなら、昨今のバンドは活動を停止する場合には、活動休止という形をとるグループが多いのです。
理由は、また一緒にバンドをやりたいと思った時に、簡単に再開することが出来るからです。

ですが、解散となると、簡単には復活という形を取ることがなかなか出来ないと思います。
(中にはすぐに復活するバンドもありますが)

そこで思ったのが、「解散」の理由は、不仲によるものではないか?と思うのですが、
果たして本当の所はどうなのでしょうか?

チャットモンチーのお二人はこの解散理由について、こういうコメントを残しています。

この度私たちは、2018年の7月をもってチャットモンチーを完結させようと思います。
今年の全国ツアー中、ツアーが終わったら次にどういうことをやろうかと考えているうちに、チャットモンチーという名前を脱いだ方が新しいところへいけるのではないかと思い始めました。

これから先、長くなるであろう音楽人生を思うと、チャットモンチーというバンドにとどまらなくても、私たちには新しくてワクワクするような音楽が待っているような気がしているのです。
次はこれ! というような具体的な構想は今のところないのですが、未来に想いを馳せながらしばらくは2人とも互いの日々を大切に過ごしたいと思います。

チャットモンチーとしてデビューして今年で12年。
3ピースバンドとして駆け抜けた三人官女時代。
2ピースバンドとして駆け抜けた二匹オオカミ時代。
男陣、乙女団とともに駆け抜けた大人青春時代。
そしてもう一度2人に戻って機械と取っ組みあったメカニカル時代。
どの時代にも、嘘偽りない色んな感動があり、そこで生まれた曲たちは私たちの一生の宝物です。

私たちは何度も変身を繰り返してきましたが、どの変身も不安より期待の方が大きいものでした。
でも今回の変身(というか脱皮)は正直、不安と期待が同じくらいあります。
だからこそ直感を信じ進んでいきたいと思います。
こんな私たちを愛してくれた皆さま、曲を聴いてくれて、ライブに来てくれて、本当に本当にありがとうございました。
しかし、ただでは終われない私たちですので、また元日にいろいろ発表しますね。

笑顔でゴールテープを切る日まで、よろしくお願い致します!

チャットモンチー
橋本絵莉子 福岡晃子

このコメントを見る感じでは、紆余曲折があったにせよ、
不仲で解散という感じではなさそうです。

真相はわかりませんが、不仲で解散じゃないと信じたいですね。

解散時期が2018年7月な理由とは?

解散が発表されて、その解散時期が2018年7月・・・・・・・・
なぜ、この時期を選んだのでしょうか?

安室奈美恵さんも同様に9月16日に引退発表をして、引退時期を1年後の2018年9月16日にしています。
引退理由については、色々な理由があるようですが、ファンの為に1年間精一杯頑張るとのコメントを残していますよね。

それと同様に、1年間精一杯頑張っての解散を選んだということでしょうか?
なぜ、来年の7月に解散なのでしょうか?

詳しい詳細は2018年の元旦に発表するとのことですので、そこで全てが語られるのかな?と思っています。
ラストアルバムを出して、解散にするのか?それともラストアルバムと同時にコンサートツアーをやり、
コンサートツアーをやりきって解散なのか?非常に気になります。

2018年元旦での発表を待ちましょう。

解散後の活動はどうなるの?

チャットモンチーを解散後は引退するのでしょうか?
女性なら結婚⇒引退というシナリオも考えられます。

お二人のどちらかが結婚するのか?
はたまた、どちらかが結婚するのか?

それとも、活動は続けていくのか気になったので、
調べてみました。

すると、二人のコメントを見つけました。

「これから先、長くなるであろう音楽人生を思うと、チャットモンチーというバンドにとどまらなくても、
私たちには新しくてワクワクするような音楽が待っているような気がしているのです。」とコメントしています。

この時点で、お二人の引退は無しという事になります。
今後も音楽活動を続けていくということですね。

この記事内でも書きましたが、チャットモンチーのメンバーだった、
ドラムの高橋久美子さんは現在、作家や作詞家として活動中です。

色々な選択肢があると思いますが、今後も表舞台で頑張ってほしいなと個人的には思います。

まとめ

今回の解散で多くのファンが肩を落としていますが、
これも流れなので仕方が無いことなのかもしれません。

残りの期間も是非、全力で音楽活動を2人でしてほしいと思います。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA