矢沢あいの現在の病気の状態と「NANA」連載再開が気になる【JUJUの『いいわけ』とのコラボが話題】




 

NANAと言えば少女漫画として有名で、映画やアニメにもなりました。

映画版では中島美嘉さんが主人公のNANA役を演じて大ヒットになりましたよね。

そんな人気少女漫画「NANA」ですが、2009年に連載休止になってからすでに7年が経過しています。

連載再開を待ち望む声もありますが、作者の矢沢あい先生は、現在どのような状況なのでしょうか?

矢沢あいプロフィール


出典:www.drillspin.com

1967年3月7日(50歳)
日本の旗日本・兵庫県尼崎市
国籍 日本の旗日本
活動期間 1985年 –
ジャンル 少女漫画
受賞 2002年:第48回小学館漫画賞

引用:Wikipedia

映画やアニメなど色々な活躍を見せるNANAなので、見たことがある!という人も多いと思います。

現在、漫画『NANA』の連載は休止中ですが、単行本は21巻まで出ています。

この続きを待っているファンも多いと思いますが、矢沢あい先生は現在どうしているのでしょうか?

スポンサーリンク



矢沢あい先生は重い病気?

矢沢あい先生は病名と病状は今まで公表していません。

公表していないことから、長期間の連載休止ということで、相当重い病気なのでは?という噂がありました。

癌や鬱なのでは無いか?そんな噂がネット上でも挙がっていました。

更には死亡説まで出ていたようです。

しかし、休載していた10ヶ月のインタビューでは死亡説を否定するかのように、矢沢あい先生本人から重病説を否定するコメントが出ました。

休載から10か月。何の情報もなかったが、「女性自身」(2010年5月4日号)が「『NANA』矢沢あい独占告白 闘病10カ月」と題する記事を掲載した。
女性専門の医療センターから自宅にタクシーで戻ってきたところを直撃取材したということだ。

記事によると矢沢さんは、こう語ったという。
「いろいろ言われているみたいですけど、だいぶよくなってきているんですよ。

漫画を描くのは体が資本なので、今はとにかく体がよくなることだけに専念しようと心に決めて、治療に励んでいます」
さらに「決して治らない病気にかかっているわけではないんです」「『気長に治療をすれば、少しずつ回復していく』と、医者の先生もおっしゃってくださる」といい、重病説を否定した。

「倒れてから、まだ、一度もペンは握っていません」
「今はまだ、仕事再開の目処は正直、立っていない状況なんです」
とし、連載再開はだいぶ先になりそうだ。

https://www.j-cast.com/2010/04/25065227.html?p=all (2010/4/25)

まさかのミュージックステーションで登場!!

11月3日毎週金曜日の夜20:00 (テレビ朝日)で放送されている、ミュージックステーションに、矢沢あい先生が描き下ろした23枚のイラストが映像化されました。

しかも、ご本人直筆のサイン色紙にしっかりとコメントが書かれていました。

しかも、今回は歌手のJUJUさんと矢沢あいさんのコラボなのです。
実際の映像がこちら。
↓ ↓ ↓

今回のミュージックステーションでの、コラボを見れたファンからは、こんなコメントが出ています。

やはり、NANAファンなら嬉しいですよね。
そして、作者の矢沢あいさんも、直筆でコメントしていましたね。

連載再開には、まだ少し体力不足ですが、今の自分に出来る範囲で精一杯頑張って描きました~!

JUJUさん、スタッフのみなさん、
本当にありがとうございます。

多くの方に楽しんで頂けるとうれしいです♡

まとめ

連載再開まではまだ時間がかかりそうですが、
こうやってリアルでコメントを見ると安心しますね。

復帰できるのを心待ちにしています。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA