楽天カードからのメールを何気なく開くと非常に危険な状況になることがあるのをご存知でしょうか?
筆者のスマホにある1通のメールが届きました。
そこには楽天カード株式会社を名乗る、詐欺メールが流行っているとのメールでした。

本物に近い詐欺メールが届く

楽天カードを利用している人にとっては他人事ではない事件です。
今回は詐欺メールということでお伝えするのですが、今までの詐欺メールと何が違うのかというと、
本物に近いメール本文を送ってくることです。

このようなメールが届きます。
この手のメールで特徴的なのが、明らかに迷惑メールでしょ?と思うようなメールになっているケースがほとんどです。

以前は、「Amozon」というAmazonを装った詐欺メールが届いたりしましたし、今も「(有)佐川急便」などという明らかに詐欺だとわかるメールが来ることがほとんどです。

ところが、今回の楽天カードの詐欺メールには、楽天カード株式会社の名称もしっかり記載されています。

完全にコピーをしたメールを送るような詐欺メールが遂に出回ってきたかという印象です。

インターネットに精通している、もしくは常に利用している人であれば、URLが何かおかしいとかで気づいたりしますが、あまり利用しない人や高齢の方の場合は、かなり引っかかりやすくなっているような気がします。

今回の文面にはリンクが記載されていませんが、リンクがあった場合は絶対にクリックしないでください。

フィッシング詐欺の可能性が非常に高いです。

スポンサーリンク



フィッシング詐欺とは?

フィッシング(英: phishing)は、インターネットのユーザから経済的価値がある情報(例:ユーザ名、パスワード、クレジットカード情報)を奪うために行われる詐欺行為であり、典型的には、とにかく信頼されている主体になりすましたEメールによって偽のWebサーバに誘導することによって行われる。

語源については諸説ある。"fishing"(釣り)のハッカー的なスラング(Leet的言い換えと呼ばれる意図的な同音別表記)であるが、fがphに変化しているのは"en:Phreaking"(フリーキング、音声によって電話網を意図的に誤作動させる不正行為)からの類推であると欧米では考えられている。しかし、日本国内のメディアでは"sophisticated"(洗練された)との合成語であるとする見解が主流である。このほか、"password harvesting fishing" の略とする説もある。

インターネット上で様々なサービスが提供されるにつれ、年々増加と高度化の傾向が顕著である。

引用:Wikipedia

このフィッシング詐欺に引っかかってしまうと、偽の電子メールから偽のホームページに接続させたりするなどの方法で、クレジットカード番号、アカウント情報、ユーザIDやパスワードなどといった重要な個人情報を盗み出す事が可能になってしまいます。

今はネット社会なので、何か1つ位個人情報を入力したことがある媒体があるかと思います。

なので、怪しいと感じたメールのリンクは開かないという事を心がけてください。

楽天カードの偽請求メールの見分け方

実際に楽天カードを利用している人ならわかると思いますが、偽メールではお支払日が20日になっています。

本来は違う日時になっていますので、「これ偽物じゃん」と気づくことが出来ますね。

ただ、ここも同じ日時にされてしまうと、本当に見分けるのが難しくなります。

なので、ちょっとでも怪しいと感じたら、楽天カード株式会社に連絡してみるのが一番です。

そうすれば、本物か偽物か見分けがつきますね。

ちょっと面倒ではありますが、これが一番安全で確実な方法ですね。

セキュリティソフトの導入

未だに信じられないのですが、自分のPCにセキュリティソフトを導入していない人が結構います。

高度なウイルスが侵入してきた場合、全く気づかず、個人情報を抜き取られたり、
PCを破壊されたりしてしまいます。

無料版のセキュリティを導入している人も多いですが、所詮無料です。
守れるシステムには限界があります。

なので、費用はかかってしまいますが、
しっかりと有料版のセキュリティソフトを導入しましょう。

今のセキュリティソフトであれば、フィッシング詐欺やマルウエア、ワーム・トロイの木馬と呼ばれる、
悪意のあるウイルスにもしっかり対応してくれます。

日々進化するウイルスに対抗するには、
セキュリティの強化が求められます。

もちろん、一番良いのは、怪しいメールは開かない。

リンクはクリックしないが一番ですが、誤ってリンクをクリックしてしまう場合もあるかもしれません。

そんな時に、助けてくれるのがウイルスソフトです。

なので、ここをケチってウイルスソフトを導入しないとか、無料版で済ませてしまうとかせずに、しっかり有料版を導入しましょう。

仮想通貨といえば一時期は通常ではあり得ないくらいの価格高騰をし、
投資をしていた人の中には『億』を稼ぐ人も続出したデジタルマネーです。

 

 

仮想通貨は危険!怪しい!などと言われるケースも多々ありますが、
それは正しい知識を知らないからです。

 

 

あなたはまさかインターネットが一般家庭で利用される時代が来るなんて
20年前に想像していましたでしょうか?

 

 

携帯電話が進化し、スマートフォンと変貌を遂げ、電話機能のみならず、
動画再生やネット接続が当たり前のツールになりましたが、まさかこんな便利な物が15年前に誕生すると思っていましたでしょうか?

 

 

こういう次世代のツールが誕生した時というのは、知らない物が誕生したということで、
人は疑問や不安を抱き、『怪しい』と勝手に認識してしまいます。

 

 

ですが、今では当たり前のツールとして普通に多くの人が利用しています。

 

 

つまり、
仮想通貨も今は『怪しい』と感じている人がまだまだたくさんいますが、
多くの人が便利と認識をし、利用することで、当たり前の通貨に変わります。

 

 

その詳しい情報を無料で提供してくれるWebセミナーがあります。

 

 

無料で仮想通貨に関して勉強することができ、しかも1万円or仮想通貨リップル1万円分プレゼントキャンペーンも実施しています。

 

 

すでに、1万人以上の人が参加している無料Webセミナーです。

 

 

ちなみに、あなは上司の理不尽極まりない命令で強烈なストレスを感じていませんか?

 

 

満員電車に揺られ、痴漢と疑われないように、両手を上げ、
隣のおっさんの吐息を真横で感じながら1時間も満員電車に揺られて通勤しているのが当たり前だと思っていますか?

 

 

人はちょっとしたことで、自分でお金を稼ぐことができる時代になりました。

 

 

つまり、あなたもインターネットの力を利用すれば『自由な起業家』になれるということです。

 

 

その起業家としてのセンスを無料でこのWebセミナーで受けることができるので、
まずは、あなたに起業家としてのセンスがあるのか試してみてください。

 

 

自分の可能性を捨てて、会社の為に身を焦がして働くスタイルから脱却ができるかもしれません。
そのための知識を得て、またバブルが来るその日の為に仮想通貨リップル1万円を貰っておきましょう。

↓  ↓  ↓

おすすめの記事