Nintendo Switchの本体システムがバージョンアップ【30秒前から動画を保存できるなんて凄い】





Nintendo Switchの本体システムが10月19日(木)より、新しくバージョンアップされました。(システムバージョン:4.0.0)
今回のバージョンアップで一番の注目ポイントになるのが、動画保存機能です。

30秒前から動画保存可能

今回のシステムバージョンアップですが、動画保存機能が追加されました。
動画保存機能だけだと、今や普通と思われるかもしれませんが、通常の録画だと、
録画をスタートしたところからの保存が普通です。

ですが、今回Nintendo Switchに追加された録画機能は、「最大で30秒前からの動画を保存」ということなんです。

 

つまり、
録画を開始した瞬間から30秒前に遡り録画をしてくれるというもの。

 

実際にこの機能を使って、
対応タイトルでサンプル動画を撮影した動画がありますので御覧ください。

スポンサーリンク



動画撮影機能は一部に対応

現在の所、動画撮影機能は一部のソフトに対応しているということです。

【動画撮影対応ソフト】

 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』 (Ver. 1.3.0以降)

 『マリオカート8 デラックス』(Ver. 1.3.0以降)

 『ARMS』(Ver. 3.1.0以降)

 『スプラトゥーン2』(Ver. 1.2.0以降)

※2017年10月19日時点。今後も続々対応予定です

引用:https://topics.nintendo.co.jp/c/article/b9ec231a-ae4b-11e7-8cda-063b7ac45a6d.html

動画撮影機能の詳細

今回のバージョンアップで動画撮影機能が追加されたのですが、
どんな機能が追加されたかというと・・・・・・

●ゲーム中に、Joy-Con(L)の「キャプチャーボタン」を長押しする(“ピッ”という音がするまで押し続ける)と、最大で30秒前からの動画を保存できます。

●保存した動画は、HOMEメニューの「アルバム」で確認できます。

●「アルバム」からFacebook、Twitterに投稿できます。

このような機能が追加されました。
SNSにも投稿できるようになったのですね。

他の本体に引越しは出来るの?

バックアップデータの引っ越しができれば凄くありがたいんだけど・・・・・・
こんな悩みがあったりしますよね。

これについて情報を集めてみました。

どちらかというと、今回の目玉になっている動画保存機能より、
他の本体にユーザーとセーブデータを引っ越しできるようになったことの方が、
凄いことだと思うのは筆者だけでしょうか?

まとめ

今後も追加でバージョンアップされていきそうなので、
新しい情報が入り次第追記していきますね。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA